意外とはかどった!快適テレワークレポート

2020.5.18 Mon

働き方

ジロー

ジロー

4/21より始まったテレワーク。普段自宅で使っていたPCデスクは妻が一足先に在宅を始めていたため新たに仕事をするための環境作りからはじめました。

一時的な取り組みのため格安に抑えたく、IKEAでデスクとデスクマットと椅子を購入!

デスクは展示品のアウトレット価格で、椅子は家で少しでも仕事を快適にできるよう低価格ながらも腕置き付きをチョイス。

以上31万円以内で用意しました。

   

さて本題のテレワークについて。元来、家に仕事を持ち込むことが嫌いで、前職でも長期休みの際に1度だけ仕事を持ち帰ったときも、休みの最終日に徹夜に近い形で仕事をした記憶が

「絶対家でなんか仕事できないよ~」。そんな不安でいっぱいのスタートでしたが、いざ家で仕事を始めると社内での作業よりも、はかどるはかどる!

アサプリで導入活用しているWEB校正システム『XMF Remote』の存在も、テレワークを強力にサポートしてくれました。

XMF Remote』の詳細はコチラ http://www.asapri.co.jp/prosup/support/

テレワークのメリット

  • 自分の案件のみに集中できて、仕事がはかどる
  • 通勤時間がなく朝ゆっくり仕事に入れる
  • XMF Remote』のフル活用で、自分の案件も社内で進行案件も共有できる
  • 仕事が終わればすぐプライベートタイムに切り替わり、家族と接する時間が多くなる
  • 個人的にはあまり好きではない車通勤が無くストレスフリーに(大事!)
  • 日常の環境が違うため、世の中のことや普段は接触が少ない年齢層の方たちの動向など色々なことを考える時間が増えた

テレワークのデメリット

  • 仕事に集中しすぎてONOFFの切り替えが曖昧になる
  • メールやり取りだけで半日潰れることがある
  • 対面のやり取りがないためのコミュニケーション不足からか視野や思考回路が狭くなる
  • 複数のメンバーとの連携仕事の場合、連絡手段がメールと電話に限られ非効率
  • 座りっぱなしのため運動不足になる(これ危険!)
  • カラー管理された社内プリント確認ができない(サイズ感もわからない)
  • 自宅ネットワークのためセキュリティが脆弱
  • 社内のデータが自由に取り出せない
  • 一部の社内システムが利用できない

テレワークにより気付かされたこと

  • 仕事があることへの感謝
  • 社内でフォローやサポートしてくれる仲間への感謝
  • 前向きな気持の大切さ
  • 一人でじっくり集中して考える環境の必要性(多分人による)

その他

zoomによる面談も行いました。

11の通信だったため特に問題もなく家で静かに話せる場所があればこれも有りかと思います。電話で話すよりお互いの顔をみて話すほうが意思も伝わりやすいですし私はやりませんでしたが「オンライン飲み会」の開催理由と同様、孤独感や寂しさも減るんじゃないでしょうか。

 

感想

実は現在アサプリでテレワークを行っているのは名古屋在住の私だけです。

もちろんデザイナーと言う職種もあって、比較的容易にテレワーク実行できました。案件によりけりですが効率だけを考えるとテレワークの方が圧倒的に良いですね。私的にはメリット8:デメリット2ぐらいの割合でした。

ただ、データの手配や業務連絡、案件情報の共有などをしっかりと徹底してくださる社内の協力者がいなければ成り立たず、色々な方に支えられているということを実感しました。改めて感謝の気持でいっぱいになりましたね。

まだまだ油断はできませんが、コロナ禍もようやく収束しそうな兆しが見えてきました。これからが大事です。社内ワークであれ自宅ワークであれ、どれだけお客様の力になり共にこの危機を乗り越えるか。私たちアサプリの真価が問われます。

しばらく控えていた販促活動や、これを機にチャレンジする新たな取り組みなど、どんどんお声かけください。全力でお手伝いします!